【幻想短編集Ⅱ】永遠の不在をめぐる

【幻想短編集Ⅱ】永遠の不在をめぐる

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 4 days
    500 JPY

【あなたの不在を愛する。】 【幻想短編集Ⅱ/文庫オンデマンド/フルカラー表紙/114P】 きみはどこにもいない。 この世どころかあの世にも、あらゆる過去にも未来にも、きみは永遠に存在しない。 ==================================== 「不在」をテーマにした、ふたつめの幻想短編集です。 何かを失い、あるいは投げ捨て、もしくは奪われたひとびとの、永遠に埋まらない空席を眺めつづけるような短編と掌編を7編収録。 各編の舞台は、遠い未来、現代東京、天国と地獄、そして暗闇をめぐります。登場人物たちに関連性はありません。 そもそも登場人物さえ不在かもしれません。 特設ページ http://kokyushobo.com/eien.html <収録作品>  *海を商う  *夢みる時差のために  *作家と刑罰  ・踊ろうポラリス  *昼の光から逃れるために  ・くらやみのこども  ・あなたの不在を愛する 特設ページ、および下記にて立ち読みを公開中です。 http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=102600266&bookid=827 ※*印の作品は即興小説作品のリライト掌編となります。 ※「あんしんBOOTHパック ネコポス」にて発送予定です。 ==================================== おかしな話だと思わないか。 存在しないきみの不在を、ぼくはなぜだか知っているのだ。 その瞳を、声を、微笑を まるで眼前に在るかのように うつくしく克明に夢みながら その不在を信じるがゆえに ぼくはきみの実在を信じる。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

【あなたの不在を愛する。】 【幻想短編集Ⅱ/文庫オンデマンド/フルカラー表紙/114P】 きみはどこにもいない。 この世どころかあの世にも、あらゆる過去にも未来にも、きみは永遠に存在しない。 ==================================== 「不在」をテーマにした、ふたつめの幻想短編集です。 何かを失い、あるいは投げ捨て、もしくは奪われたひとびとの、永遠に埋まらない空席を眺めつづけるような短編と掌編を7編収録。 各編の舞台は、遠い未来、現代東京、天国と地獄、そして暗闇をめぐります。登場人物たちに関連性はありません。 そもそも登場人物さえ不在かもしれません。 特設ページ http://kokyushobo.com/eien.html <収録作品>  *海を商う  *夢みる時差のために  *作家と刑罰  ・踊ろうポラリス  *昼の光から逃れるために  ・くらやみのこども  ・あなたの不在を愛する 特設ページ、および下記にて立ち読みを公開中です。 http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=102600266&bookid=827 ※*印の作品は即興小説作品のリライト掌編となります。 ※「あんしんBOOTHパック ネコポス」にて発送予定です。 ==================================== おかしな話だと思わないか。 存在しないきみの不在を、ぼくはなぜだか知っているのだ。 その瞳を、声を、微笑を まるで眼前に在るかのように うつくしく克明に夢みながら その不在を信じるがゆえに ぼくはきみの実在を信じる。